スキップするように生きていきたい

本・映画

私は本をあんまり読まない人だ。
でも本は好き。
少しだけど本は持っていて、気に入った本は何度も読み返す。
本を読まない私が、本をお勧めします。

 

スポンサーリンク




 

 

スキップするように生きていきたい

—–こやまこいこ—–

1番最近買った本はこれ。
こやまこいこさんの漫画、『スキップするように生きていきたい』
定価1,000円(税抜)

 

本はほとんど読まない人だと冒頭で触れましたが、漫画こそ全く読みません。そんな私が漫画を買った。

 

スポンサーリンク



大まかな内容は?

ネタバレしない程度に・・・

『スキップするように生きていきたい』の大まかな内容は、3人家族の日常。主人公「山椒ぴりこ」、旦那「山椒しびれ」、娘「山椒こつぶ」で、語り手は天国にいるおばあちゃん。

主人公「山椒ぴりこ」は素敵な生活に憧れる主婦で、scopeのファン。私は主婦ではないが、素敵生活に憧れていて、scopeのファン。自分とちょっと似ているところもあり、読んでいて面白いと思える。それにこの漫画を私が最後まで読めたのは、主人公がscopeのファンだということ。scopeに売っている商品が漫画の中にはいっぱい登場して、scopeユーザーでないと知らない使い方がいっぱい描かれている。

 

 

scopeユーザーへ
1冊は持つべき本だと思う。

この本が発売になったとき、scopeから届いたメルマガには「scopeユーザーは1冊は持つべき」のような内容が書いてありました。だから私はscopeファンとして、内容も知らずに買ってみた。

実はこの漫画は、scopeのホームページや購入したときに一緒に入っている冊子に載っているので、なんとなくの内容は買わなくても読める。でも、私は一切読んだことがなかったのです。理由は1つ。漫画には興味ない。

そう思っていた私ですが、読んでいるとscope商品のscope流の使い方がなんだか面白くてハマっていく。いつもなら本を読み始めて(これは漫画だけど)半分くらいまで読んだら飽きて、そのまま放置してしまうことが多い私がすぐに読めた。感想としては、内容が面白いというより、scope関連が多くて面白いというほうが勝っている。自分が最後まで読み切って、本当にscopeユーザーは1冊は持つべき本だと思った。

 

 

 

scopeで買うとおまけ付き!

どうせ買うならscopeで買った方がいい。
この記事自体scopeユーザー向けに書いているところがあり、scopeユーザーならわざわざ言わなくてもscopeで買うと思いますけど、楽天ブックス、Amazon、書店、どこで買っても同じじゃないので、書いておく

 

 

scopeで買うと娘「山椒こつぶ」の手ぬぐいがおまけとして付いてきます。ここで言っておきたいのは、よくある付録であんまり使えない、予算抑えたものじゃないってこと。scopeが作るおまけは京都の工場できちんと作られていて、おまけだけど全然手抜いてないよ、ってこと。しかも値段は変わらず1,000円(税抜)のまま。昔は「手ぬぐいって何に使うの?」って思っていたけど、本当にいろいろ使える。いつか手ぬぐいの使い方について記事にしたい。今思いついた。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

①scopeユーザーは1冊は持つべき本

②内容が面白いというよりscope商品のscope流の使い方が見えて面白い

③scopeで買うと上質な手ぬぐいがおまけ

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はここまで。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント