【土鍋ごはん】トウモロコシごはん

このとき』scopeで買い物して、同封されていた冊子に載っていた超美味しそうな”トウモロコシごはん”をやってみたので記事にします。レシピは白ごはん.comの冨田ただすけさんのもの。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

材料

・お米2合

・水360ml

・塩小さじ1

・トウモロコシ1本

お米2合にトウモロコシ1本くらいが贅沢感があっていいらしい。近くのスーパーの地産地消コーナーで購入。

 

 

作り方

いつもの土鍋ごはんを炊く要領で、トウモロコシを入れるというだけで特に変わったところはなし。

 

(トウモロコシをカットする)

 

(お米を20分水に浸けておく)

無洗米を使っています。洗わなくていいのですごく楽。(20分後ここで塩を入れて混ぜないといけないんだけど、忘れていたのでこのときはまだ何も入ってない)

 

(トウモロコシの実を入れる)

 

(芯も入れる)

 

(塩を入れる)

ようやく塩の存在を思い出す。

 

(中蓋がちゃんと閉まらない)

トウモロコシの芯を入れたら中蓋が閉まらなくなった。しょうがないのでこのまま炊く。中~強火で10分加熱。(か、勢いよく蒸気が出てきてから1~2分)

 

(20分蒸らし後)

土鍋ごはんの炊き方は『20分お米を水に浸ける→中~強火で10分炊く→火を消して20分蒸らす→完成』という流れ。このとき、蓋を開ける前からトウモロコシの良い香り。開けて美味しそうに炊けていてちょっとわっ!ってなる。

 

(芯は捨てる)

 

(底から全体を混ぜる)

”おこげ”があるのも土鍋ごはんならでは。

 

 

完成

 

お米はあまり食べない人ですが、これは本当に美味しそうですぐにやってみた。塩とトウモロコシだけで甘くてトウモロコシの食感もシャキシャキしててすごく美味しい。これを夜ごはんにして、残りはいつものように90g~100gあたりで量って冷凍。

 

熱いうちにラップしたほうがごはんが乾燥しないそうなので、そうしています。中途半端に残ったものは器に入れて次の日の朝ごはんです。

 

 

まとめ

・お米2合にトウモロコシ1本

・味付けは塩だけ

・炊飯器・土鍋どちらでもOK

・冷凍保存するお米は熱いうちにラップする

 

 

 

この記事はここまで。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA