【3】物件を内見した感想

ひとり暮らしをするまで

私は徳島の田舎から京都に出てきてひとり暮らしを始めました。ずっとひとり暮らしがしたい!と思っていて、社会人5年目にしてようやく夢が叶った。そのときのことを備忘録と、これから一人暮らしをしようとしている人のほんの少しの参考になれば・・と記事を書いていくことにしました。

 

基本的には・・・

*私はこうしてひとり暮らしをすることが出来ました

*こうしたら良かった

*これは失敗だった・良かった

*もう一度やり直せるならこうしたい!など。

 

この記事は?
この記事の続き。まだ読んでない方はどうぞ。内見するまでに店舗で1時間くらいかかり、ようやく内見した感想を書いていく。仲介業者の担当者から聞いた話など。

 

 

スポンサーリンク




 

 

はじめに

通常、内見する数は3件くらいまでなんだそうです。でも私はトータル10件くらい見ました。最初に資料を持って出た5件は全部全滅。そして、【一度店舗に戻り再度検索し直し、新たな物件の資料を持って内見に出向く】ということをしました。なので内見は半日で終わるだろうと思っていたのですが、この日は7時間くらい担当の人と一緒にいました。本当にあのときの担当者さんごめんなさい・・。さて、なぜそんなに自分が納得出来ずに、時間がかかってしまったのかを以下まとめ。

 

①部屋は想像より劣っていた

家賃(共益費込)5万円以下、京都市内の場合ですが、私の率直な感想は、部屋は思っているより汚く、狭い。徳島で5万円出せばある程度の広さはあると思いますが、ここは京都。京都でそれは無理なんだと割り切った。正直、割り切るのも相当時間かかったけど。担当者もよく付き合ってくれたよなと思う。

 

②床が凹む

これは決して私の体重が床にめり込むほど重いワケではない。内見した賃貸物件はほぼ床が凹むような感じがした。凹むといえば大げさだけど、なんか床が柔らかい。対して、分譲マンションはしっかり作られているため・・・?なのか、柔らかさは感じず、普通の家のようなしっかりした床でした。「床柔らかくないですか?」という私の変な質問に、担当者曰く、これは床材がクッションフロアとフロアタイルの違いなんだそうです。

 

クッションフロア(CF)とフロアタイルの違い

CFはフロアタイルと比べて厚さが薄く、フカフカの柔らかい踏み心地。価格もフロアタイルに比べて安い。対してフロアタイルはCFより厚く、耐久性に優れていますが価格も高め。

 

賃貸と分譲の違い

【賃貸マンション】とは貸すために作られたマンションのことで、入退去が多く、ハウスクリーニングのみも含めて、リフォームが頻繁にあると思われます。なので床材なら、価格の安いクッションフロア(CF)が使われていることが多く、隣の声が丸聞こえなど、壁も設備も安く作られていることが多いです。

【分譲マンション】とは売るために作られたマンションのことで、壁のクロスや床材も賃貸マンションよりは良く作られています。もし気に入らなくても、買ってしまえば自分のものになるので好き勝手リフォームしてOK。ただ、共用部問題やマンションの規約があるので簡単に出来るものではありませんが・・そこは省略。

ちなみに、【分譲賃貸マンション】と書かれた物件もありますが、これは分譲マンションを買った人が、自分は住まずに他人に貸しているマンションの事です。不動産投資・・とかがこれに当たるんでしょうか。よく分からないけど。

 

マンションの持ち主とそれによって何が起こるか

【賃貸マンション】の持ち主は棟を持っているので全室同じです。なので、そこに住んでいる人全員が、角部屋とか色々ありますが・・基本的には近い条件の部屋に住んでいます。

【分譲マンション】の持ち主は、その部屋を買った人。

【分譲賃貸マンション】の持ち主は、それぞれの部屋で持ち主が違うため、「ここを直してほしい」と問い合わせをしたときにすぐに直してくれる人とそうでない人がいるのです。なので同じマンションに住んでいても隣の人と条件が違うということが普通に起こります。入居前のリフォームでも、お金をかけて綺麗にリフォームする人とそうでない人がいるので、こればかりは何とも・・・・。部屋を見て判断するしかないですけど。ちなみに、貸主は借主から部屋の不具合について直すよう求められたときは直さなければいけないので、普通は直してくれます。なので心配する必要はないと思いますが、「別に使えますよね?」って言う持ち主はいますよ、という話。

 

③マンションの設備って重要

マンションの設備に関しては全く無関心といいますか・・全然深く考えていなかったのですが、今実際マンションを借りて住んでいて、選んで正解だったなと思うところをまとめます。

オートロック付きマンション

今住んでいるマンションもオートロック付きですが、契約したときはオートロックの必要性について全く分かってなかったので、付属で付いてきたような感覚でした。でも住み始めてもう2年が過ぎて(2018.9現在)思うことだけど、オートロックはないと怖いです。

ネットショップで何も買ってないし、誰かが来る予定もないのにインターホンが鳴るときがあるんです。で、それはセールスとかなんですけど、オートロックがあれば【解除ボタン】押さなければいいだけの話。もしオートロックがなかったら?と考えると、家の前までセールスの人が来るので追い返せる気がしないし・・って考えるとオートロックのないマンションはもう考えられなくなりました。前は「誰か来る予定あったっけ?」と思いながらインターホンで応答していましたけど・・今は予定のないインターホンは完全無視。

 

エレベーター付きマンション

建築基準法で31m以上はエレベーターを設置する義務があるので、階数のあるマンションだと大体付いてますが、3階建てだとエレベーターなしのところもありました。これも内見しているときは、運動になっていいんじゃない?と思っていたが、住んでみて思うことは、ないと困る。

重い荷物を持ってるときは階段よりエレベーターのほうが遥かに楽です。それに引っ越し業者や運送業者に部屋まで運んでもらうとき【別途費用】がかからないことが多いです。ま、3階くらいに住むのなら別にいいかもしれないけど・・・。

 

ごみの回収システム

京都市回収のところは、黄色のごみ袋を買って毎週出す日が決まっています。私が今住んでいるマンションは、ごみ回収業者が毎日ごみを回収してくれるので、24時間いつ出してもOK(プラや缶・ペットボトルは木曜日の朝9時までと決まっているが)

ゴミ袋も白か透明なら何でもOKだし、ごみをいつでも捨てることが出来るので、部屋にごみが溜まらず、これは本当に良いシステムだと思っています。なので、次引っ越すところも京都市の回収じゃなくてごみ回収業者のところがいいな~なんて思ってる。

 

まとめ

*内見する物件は新築以外、想像より劣っているので期待しない。

*短期で住むなら賃貸物件、長期で考えているなら分譲賃貸がおすすめ。

*オートロック・エレベーター・ごみの回収システムを確認する。

 

 

この記事はここまで。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメント