【おまけ番外編】私のひとり暮らし実現ストーリー

ひとり暮らし実現ストーリー番外編として、1Kマンションの我が家についてご紹介。

 

 

スポンサーリンク




 

 

この間取りの「洋室6.5帖」のご紹介です。

 

これが「洋室6.5帖」の私の家のメイン部屋(というか、ここしかない。1Kだし)

 

 

部屋の色は主に3色

私の部屋で1番多い色。天井・壁は完全な白。床はピンクっぽい白の床材が使われています。備え付けのクローゼットは黄色がかったアイボリー。自分で買った食器棚も白を採用。家電は白があれば白、なければ黒、と決めています。

 

床には防音と防寒のため、グリーンのタイルカーペットを貼り、ラグはunicoでオーダーした濃いめのグリーンを使っています。カーテンはニトリで買ったグリーンのもの。ほか、観葉植物でグリーンがある。

 


家具はウォールナット材のものを使っています。壁掛け時計も濃い茶色。

 

 

基本、自分が好きなものを。

家に置いている家具や家電、雑貨は全部自分が気に入ったものばかり。
そうでないと気に入らないから大事に出来ないし、自分の部屋が「良い」と思えなくなるから。

 

自分の部屋を「良い」と思えて、好きなことって相当大事なことだと思う。

 

 

部屋の西側には小窓がある

メイン部屋の西側、真ん中に上から下まである縦長の小窓。隣は別のマンションの壁があるからそんなに光は入ってこないだろうと思っていたけど、さすが西側・・夕方の西日は思っていた以上に強かった。日に当たりすぎて家具の色あせを早めたくないので、リサ・ラーソンの手ぬぐいで窓全体を遮って日除けにしています。

 

リサ・ラーソン 手ぬぐい/マイキー/グレー

 

 

スポンサーリンク




 

 

小窓の前はパソコン置き場

このブログを更新しているパソコンがこれ。(カバーかけてて見えない)ここにパソコン置いたらちょっと邪魔なんだけど、Wi-Fiの繋がりが悪いとき、線を繋いで有線でネット環境を作らないといけないためここに置いている。(家にある線はここくらいまでしか届かない。もっと長いの買えば良いんだけど、そこまでしなくてもと思ってる。)

 

カバーにしている布は、ホコリ除けとして必須。

 

 

天井にはモビール

FLENSTED MOBILES(フレンステッド モビール)というブランドのBalloon5というモビール。

これを導入するとき、「わが家にはカラフル過ぎるんじゃないか」と、色々考えたけど買って良かったものの1つです。これがあることで、部屋のドアを開けた瞬間明るい感じがする。 なんとなくだけど。夜には影が壁や天井に映って、それもまた癒し。

 

時間帯を変えた写真はまた後日。

 

 

まとめ

①部屋の色は、主に3色でまとめる

②基本的に自分が気に入ったものしか置かない

③日よけは手ぬぐいで窓を覆う

④モビールはあったほうがいい

 

まだまだ部屋については書いて行きたいと思うので、お付き合いください。

 

この記事はここまで。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA