イッタラ カルティオ/ウルトラマリンブルー

0

日々の暮らしでおすすめなものを紹介していきたい。
自分の中で「これ!」というおすすめなもの全集を作りたい。
そんな考えから生まれたこのブログ。

 

今回はイッタラのカルティオタンブラー
フィンランド独立100周年を記念して作られたウルトラマリンブルーの紹介です。

 

私がカルティオタンブラーを使い始めたのは去年の11月頃。
それまで北欧食器は好きだったけど、イッタラのカルティオタンブラーには全く興味がありませんでした。

 

スポンサーリンク




 

 

なぜ興味がなかったのか。理由は以下。

①カルティオタンブラーはすぐに欠けるとネットで見た
②カルティオタンブラーはすぐに割れるとネットで見た
③え、これで1,200円もするの?!

という、ネット情報のみで頭が支配され、カルティオタンブラーはただ高いだけのものに見えていたのです。

 

そんな私がカルティオにハマった訳。

私がよく利用するネットショップにscopeというお店があります。
そこでscopeが別注したカラーのカルティオタンブラーが発売されました。
そのとき、商品説明を読んでていて一気にハマった。別注したカラーも好きすぎる色合いだし、何より商品説明が良い。
ああ、これはただ高いだけのものではなく、この値段にはしっかりとした理由があると教えてくれるのです。
そして、scope別注カラーのカルティオを即購入。その後は毎日使うほどお気に入りのグラスになりました。
※こんなにscope別注カラーをおすすめしているけど、今回はウルトラマリングルーについて。

 

ウルトラマリンブルーとは。
フィンランド独立100周年を記念して、
限定で作られたカラーで、定番カラーではありません。

なんと例えたら1番しっくりくるだろうか。
ウルトラマリンブルーは薄い藍色のような色で、透き通った青な感じ。

 

皆さまご存じないとは思いますが、私は夜寝る前に必ず水を飲んで、それをテーブルに置いたまま寝ています。
そのグラスを朝写真撮る。それが上の写真。

 

 

商品スペック

iittala / Kartio グラス

Kaj Franck(カイ・フランク) デザイン。
プロダクトデザイナーとして、またアラビア社とヌータヤルヴィ社(現イッタラ)のアートディレクターとして活躍していた人なんだそう。イッタラ商品好きな人は1度は耳にしたことあるのでは。カルティオよりも持っている人が多そうなティーマもカイ・フランクのデザイン。

 

朝が本当に綺麗に見える。

 

容量は200mlちょっと。

「200mlちょっと」という容量は、ちょっと水が欲しいとき。
夜寝る前や、朝飲む水を入れるのにぴったりのサイズ。
手にもすっぽり収まり、持ちやすいです。

 

スポンサーリンク




 

 

欠ける?欠けない?
カルティオタンブラーはすぐに欠ける説。

カルティオを買うまでネット情報で気になっていたことですが、未だに割れたことはないし、欠けたこともない。
ガラスなので落とせば割れるし、ぶつけたら割れると思うが、それはどのガラス製品でも同じ。普通に使っていて「すぐに欠ける!」なんてことはないと思う。

「すぐに欠けるんだろうな」と思っていても、洗っていて手が滑ったり、ちょっとぶつけてしまうことはあるのに全然大丈夫だから「すぐに欠ける」とレビュー書いている人はどんな使い方してんの?って疑問に思うほど。

 

やっぱこの色綺麗。

 

 

まとめ

①ウルトラマリンブルーは、フィンランド独立100周年を記念して作られた限定カラー
②カルティオタンブラーは普通に使っていて、すぐに欠けるなんてことはない
③ちょっと飲むのにちょうどいい200mlちょっと、というサイズ
④光に当たるとすごく綺麗

 

まだ持ってない人は是非買うべし!!

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はここまで。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




 

ぴえ

京都に住んでる徳島県民。「おっちょこちょい」とよく言われます。大雑把です。細かいことは気にしません。でもガラスのハートかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA