実家から荷物が届いた

日記

新しいパソコンにphotoshopなど、新しくインストールする作業が終わったのでひと段落つきました。あとは前使っていたパソコンのデータを消去し、実家に送るだけ。(下取りに出そうかと話ししたら父が買い取ってくれることになった)そんなこんなで、父と話す機会があり、貸していたSDを返してくれるついでに野菜なども一緒に送ってくれました。久しぶりの実家便を備忘録として残しておく。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

箱の中身

 

・ポケットティッシュ

・スーパーのビニール袋

・SDカード

・乾燥パセリ

・乾燥ローズマリー

・母手作りのバ刺繍バッグ

・玄米

・カガヤソース

・トマト

・とうもろこし

 

集荷の手配をするのは父で、箱の中身とガムテープを貼るのは母の作業(たぶん)。たくさん入れてくれていて嬉しい。この先の記事で書こうと、ひとつずつ写真撮ったつもりだったのだか、乾燥パセリとローズマリーは撮るの忘れていたらしく写真がなかった。母が家で育てたパセリとローズマリーを乾燥させてそれを送ってくれてる。買うと高いのですごく有難い。

 

 

ソースといえば!カガヤソース

 

私の中でソースといえば「カガヤソース」なので、これが良いし美味しいと思ってるんだけど京都には売ってないのです。京都に引っ越ししてきた最初の頃、何軒もスーパーを回って探したけどなかったのが懐かしい。なんでどこのスーパーにも置いてないのか不思議に思い、ネットで調べるとカガヤソースは徳島のソースらしい。だから地元のスーパーには普通に売っていたのに京都にはないのかというのが分かったので、「あれ送ってこれ送って」は基本言わないけど、カガヤソースだけは母に送ってと言ったことがある。それを覚えていたのか、1年越しくらいに届きました。

 

 

ちっちゃいトウモロコシ

 

地産地消で買ったトウモロコシらしい。「○○さんのトウモロコシ」と、届いたあとの電話で言っていたけど○○さんは誰だったか完全に忘れて記憶にない。新鮮なうちに食べたいのですぐにトウモロコシごはんにした。(また記事にするつもり)

 

 

真っ赤すぎなトマト

 

太陽の光をたくさん浴びると赤いトマトが出来るらしい。これも地産地消コーナーで買ったと言っていたが、それが誰だったかは全く記憶にない。知ってる人だと思うけど・・。

 

こういう生鮮食品はその日のうちになんとかしておかないと気が済まない人なので、その日のうち処理してしまう。生で食べるときは芯に濡らしたキッチンペーパー置いて、ラップで包んで芯を下にして冷蔵庫に入れておく。でもこときは夏バテだったのか、食べる気が一切起きなかったので冷凍した。冷凍トマトは繊維が破壊されて詳しくは知らないけど、なんか良いらしい。なんか。

 

丸ごと冷凍してもいいらしいけど、丸ごとは食べれそうにないので(やっぱ夏バテ)カットトマトにしました。カットしたほうが使いやすい量だけ取れて使い勝手良さそう。

 

 

玄米

 

父は玄米食べないそうなので、お裾分け。

 

とりあえず使いやすいようにセラーメイトチャーミークリアの保存瓶に入れる。最近はAmazonで無洗米を買っているので、洗わないといけないお米は正直だいぶ面倒だけど、まぁいいや。送ってくれるだけで有難い。玄米なんて買わないし。

 

 

母手作りのバッグ

 

母は最近刺繍をしているらしい。私の好みに合わせたであろう濃い茶色のバッグに花の刺繍がすごく可愛い。母は私と違って細かい作業が結構得意。

 

 

実家便の緩衝材

 

ポケットティッシュとスーパーの袋が箱の隙間に詰まって届くのが、私の実家便あるある。これは使えるものなので無駄がなくていいなと思う。

 

 

まとめ

・久しぶりに実家便が届いた

・夏野菜がいっぱいで嬉しかった

・母手作りのバッグが可愛すぎた

・ぴえ家の実家便緩衝剤はポケットティッシュとスーパーの袋

 

 

 

この記事はここまで。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメント