ひとり暮らしの掃除機買い替え事情

もう3年以上は使っているであろう我が家の掃除機は、インテリアにハマり始めた頃、機能も調べながら最終的には見た目で決定したシャープの『EC-VX600

色はゴールドというか、ベージュというか、シャンパンなんとかって感じの色でインテリアにも馴染んでお気に入り。

この頃、コードレス掃除機がすごく流行っていてCMでもよくコードレス掃除機が流れていました。コードレス掃除機を買うことも考えましたが、父の「掃除したいときに充電なかったら困る」という言葉が頭にずっと引っかかって、確かにそうだなとコードレス掃除機が流行っている時にコードレス掃除機は除外ワードとして掃除機を探した。

 

 

そんなお気に入りの掃除機に亀裂が・・!

 

お気に入りの掃除機に出会えて、実家暮らしの時から使っていたこの掃除機でしたが、1か月もは経たないけどそのくらい前に「掃除しよう!」と思って出したらホースに亀裂が入っていました。

 

こんなこと初めてで、一人なのに「えっ?」って声に出してしまう。そして写真撮ってインスタに載せた。(お気に入りの食器が割れたとき写真撮ってインスタとかブログに載せる人ってなんなんかな?って思ってたけど、その気持ち一瞬で分かった。)

 

 

インスタでのコメント

 

インスタに亀裂が入った掃除機を載せたら有り難いことにコメントがあった。皆、「ホースだけ買い換えた」「ガムテープ貼ってる」らしい。ホースだけの買い替えは先に金額調べていたのだけど、送料とか含めて約1万円。いや、ホースだけに1万円は高い。これも古いし(←新しいもの好き)と思い、ホースの買い替えに1万円は払えないので”ホースのみ買い替え”という選択は私の頭の中になし。


(掃除機全体図)

実家暮らしの時は使わなくても付属のツールは全部置いていましたが、ひとり暮らしをしてからは”要らないもの・使わないもの・なくてもいいものは捨てる”という、ミニマリスのような考えになり、使わないツールはすべて処分。だから掃除機の先部分はないし、布団クリーナーもありません。あるのはここに写っている本体とホースのみ。

 

ホースのみの買い替えという選択はなかったので、本体全然使えるのになんか勿体ないけど、掃除機自体を買い替えることにしました。新しい掃除機が見つかるまでは、とりあえずガムテープ貼って使う。

 

 

新しい掃除機必須条件

新しい掃除機を探すにあたって、自分の中の「こんな掃除機がいいな」をまとめる。

 

①自分が気に入る見た目かどうか

②今より吸引力アップ

③今よりコンパクト

④知ってるメーカーであること

⑤いろんなツールは不要

大体、こんな感じかな。Amazonで色々見ていると1万円くらいで良さそうなのがあった。でも知らないメーカーのはなんか嫌。吸引力を求めるならダイソンか?いやでも、「イマイチだった」っていうレビューもちらほらあるけど・・・。と、悩みすぎてなかなか決められない。

この状態を会社で仲良くしてもらっている人に話すと、なんか一緒にヨドバシカメラに見に行ってくれることに・・・!有り難い、、、。(←1人で家電見てて店員さんに話しかけられるのが嫌。なんか面倒だしもういいやって気になりがち)

 

 

いろんな掃除機をヨドバシカメラで使ってみた感想

 

一緒に見に行ってくれることになり、いつだったか忘れたけどヨドバシカメラに行きました。

迷っていたダイソンの最新モデルも使って見たけど、想像以上に重い。そして、レビューにあった「海外製品のちゃっちぃ感」は否めなかったし、使用中に排出される温風がずっと手に当たってる。しかも海外製品では普通でホテルのドライヤーとかかもそうだけど、ボタンをずっと押し続けてないと動かないっていう・・・。店内でちょっと使っただけだけど、私の中でダイソンは×

次に東芝、パナソニック、エレクトロニクス、シャープと使ってみた。

やっぱり今よりコンパクトで軽量なのは収納問題も考えて絶対譲れないポイント。あと、見た目は絶対大事。色々使ったけど、どれも全部『吸引力がいい掃除機=うるさい』という印象。ツールはあってもいちいち付け替えるのが面倒なので使わないのは目に見えているので豊富なツールは不要。だけど最近の掃除機市場は豊富なツールを売りにしているのか基本的にツールが豊富。要らんのに。

 

 

最終的に決めた掃除機

 

一緒にあーだ、こーだ話してくれる会社の人に感謝しながら掃除機を決めた。それはこちら。

シャープの『EC-AR2S

結局シャープか!って感じだけど。実際掃除機を使ってみるまでは「コードレス掃除機は×」と思っていたけど、製品のコンパクトさを求めるならコードレス掃除機一択かなと。それに広い家でもない1Kマンション。30分連続で掃除機かけることはほぼないからコードレスでも大丈夫かなと思った。ずっと充電してないといけないと思っていたので電気代もかかってくるのでは?と思っていたけど、そうじゃなかった。

カメラのバッテリーのような感じで充電が少なくなれば充電すればいい話。それ以外はコンセント抜いておけばいいし、気になっていた電気代問題は考えなくて良さそう。

 


(本体部分)

掃除したあとに写真撮ったようで・・・。本当に失礼。

ごみフィルターは小さいけど、掃除機のあとは毎回捨てるし、満タンになるほど溜まらないから問題なし。本体部分はたったこれだけのサイズで超コンパクト。シャンパンなんとかって名前が似合いそうなちょっとキラっとした感じがあるブルー。前に使っていたシャープの色も見た目も気に入っていたから、同じシャープにして正解かな、と。

 


(先端部分)

この先端部分はちょっとダイソンに似てる気がする。吸引力はダイソンよりだいぶ低いけど、見た目の良さとコンパクトで軽量で収納に困らないという点で、私の中では断然シャープが勝ってる。好きなモノ使えばいいのよ、家電なんって、ってどこからか聞こえてきそう。ちなみに楽天で買って34,400円だった。店舗だと4万円超えていたのでやっぱ今の時代ネットショッピングよね~という気が更に強くなる。

 


(先端部分は自立する)

ちょっとした隙間を掃除するときに先端部分ははずす(当たり前だけど)そのときこの先端部分が自立するのがかなりポイント高い。掃除が終わり元に戻すとき立ったままで完了するのが超便利。

 

 

今までの掃除機とこれから使う掃除機

 

せっかくなので比べてみる。


(本体部分)

求めていたコンパクトさは十分。3分の1にはなったな。軽くなったし、毎日掃除機がかけれてキレイが保ててる。前の掃除機は重くて意気込まないと掃除機するのがしんどくて2日に1回くらいの掃除の頻度でしたが、今では毎日。買い替えて良くなったことはいっぱい。

 


(全体図)

部屋の隅に立てかけて置けるので超便利。

 

 

買った掃除機『EC-AR2S』のおすすめポイント

 

せっかくなのでおすすめポイントでも書いてみる。それよりツール写せよって感じもするけど、細長い先端が1つ付いてるだけなので写真は省略。あとは充電器とバッテリー1個がこの掃除機買ったら付いてくる付属品。

 

おすすめポイント

①業界最軽量らしく、重さは1.5kg(本当に軽くて毎日掃除機出来る)

②部屋の端に立てかけて置いておけるコンパクトさ(狭い1Kでも全然大丈夫)

③色が綺麗。シャンパンなんとかって付きそうなちょっとキラっとした感じ。色について調べてみたら『バイオレット』だって。全然シャンパンなんとかじゃなかった。

④1Kだったら3回は充電なしで普通に使える。充電少なくなったら本体のランプが点くので、充電器にバッテリーを挿して仕事行く→帰って来たら充電完了!

⑤先端部分が自立するから全てが立ったままで完了する

 

以上、おすすめポイントはこんな感じ。

もう買ってから1週間以上経ってるけど、未だに「ここちょとな~」はないです。とにかくひとり暮らしにはおすすめ!な掃除機。やっぱ掃除機は実際使ってみて買ったほうが良いから店舗に見に行ったほうが良い。それを1番におすすめしとく。

 

古い掃除機は引き取ってもらい、これにて掃除機買い替えが全て終了。ガムテープからのコードレス掃除機、すごく快適になりました。

 

<楽天リンク>

 

この記事はここまで。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA