【鉄のフライパン】目玉焼きを焼く

今日から3月ですね。

朝、iphoneのカレンダー見て今日から3月ということに気が付きました。ほんま早いわ~ってのは、もうちょっと春を感じないと、感じれそうにないんですが、今日から3月だってのには「昨日、家賃振込してないやん」って思ってめちゃくちゃ驚いた。

私の3月は早朝からネットバンキングで家賃の振込手続きを終えてスタート。

 

 

スポンサーリンク




 

 

さて、『今日は』というか、『今日も』なんですが、1か月ほど前に記事にしようと写真撮ってた「鉄のフライパンで目玉焼き焼きました」を記事にしようと思います。

 

 

私が使っている鉄のフライパンはこれ。

鉄のフライパンってなんか憧れます。憧れがあったんです。「一生使えるものを買って、大事に一生使いましょう」って人になりたく、そうなろうとし始めたのが去年・・一昨年?くらい。そう思ってから、良いものを大事に使いたくて、本当に気に入るものだけを買うようにしていました。

が、フライパンだけはなかなか良いものが見つからず、何年も2千円くらいのフライパンを買って、1年おきくらいに買い替えていました。ある日のネット徘徊中、プロキッチンで『山田工業所に別注した鉄のフライパン』を見つけた。商品説明ページを読んでいると、何年も探していたフライパンにやっと出会えた!!と即買うことを決定。

20cmくらいの小さ目なフライパンが欲しかった。しかも本体と取っ手の繋ぎ目にゴミが溜まらなそうなやつ!!!頭にあった理想のフライパンが売ってる~~~~ってテンション上がって、すぐに買ったので、すぐに届いて、もう何回も使ってる。

 

今まで使っていたニトリのフライパンは2千円で毎年買い替え。これは6千円でおつりが返ってくるくらい。3年使ったら元取れたようなもんなんだけど、これは3年以上使えるし、使うだろうなと思う。結果的にお得。

ちなみに、プロキッチン別注フライパンは届いてすぐに使うことが出来るので、いちいち野菜くずを炒めて~とか面倒と思っている人に猛烈にお勧めできる。

ちょっと長々書いたので、楽天リンクも貼っておく。

 

<楽天リンク>

 

 

 

 

 

 

鉄のフライパンの使い方

フッ素コーティングのフライパンはだんだん使えなく育っていくけど、鉄のフライパンは何もコーティングしてなくて、使っている間に油が馴染んで、だんだんくっつかないフライパンに育っていくものだけど、何もコーティングしていない『鉄』なので使ったまま放置してると酸化が進んで錆びます。

『使ったらすぐに洗って乾かす』これが出来る人なら誰でも使えるかと・・。

 

①油を入れる

フライパンがまだ育ってない状態(まだくっつく状態)のときは、油は多めに使ったほうがいい。これを繰り返して、この油がフライパンに馴染んで、将来くっつかないフライパンが出来上がる。まぁ、でもこれは油多すぎ。

 

 

②フライパンと油が温まったら、卵を割り入れる

冷たいままだとうまく焼けないので、ここ重要ポイント。

 

 

③弱火にして蓋を閉める

この蓋はニトリのフライパンと一緒に買ったものなので、きっちり閉まらないけど、鉄のフライパン専用の蓋がないからこれ使ってる。可もなく不可もなくって感じで、「蓋はガラスが使いやすいわねー」くらいにしか思ってない。

 

 

④しばらく放置

しばらく・・私は放置しすぎて煙が出てきた。確かこのとき、別のことしてて、目玉焼きの存在を忘れていた。こういう人、ほんま危ない。しかも写真撮ってるし、こんな状況で。

 

 

⑤オープン

『油入れ過ぎ』に加え、『存在忘れていた』ので、目玉焼きというか、目玉揚げみたいなのが蓋を開けたら完成していた。

 

 

⑥目玉揚げをお皿に移動

鉄のフライパンのくっつかない使い方を記事にするつもりだったんだけど、普通にくっついてる・・

 

しかも無理やりはがしたので、大事な黄身が大放出。

 

 

⑦使い終わったらすぐにお湯だけで洗う

『お湯だけ』ってのが重要ポイント。せっかく油を馴染ませたのに、洗剤で洗い流してしまっては何の意味もないので、お湯とたわしでさーっと洗い流せばOK

 

 

⑧水気をすぐに拭き取って、乾かす

正式には火にかけて乾かすらしんだけど、ガスがもったいないので、拭いて放置。今のところ錆びてないので、これでいいのかなーと。でもこれは完全に自己責任で。本来は火にかけて乾かさないといかんらしい。

 

 

⑨ついでにコンロも掃除

ガタつく蓋を使っているので、鉄のフライパンを使った後は油まみれ。

油まみれにならくても、頻繁に五徳は洗って、コンロ本体は拭いていたので、あまり苦になってない。だから余計に蓋はこれでいいんじゃないかと思ってる。そもそもぴったりの蓋、プロキッチンに売ってないし。作ってくれ~

 

 

 

夜ごはん

ここまでで10分もかかってない。まー焼いただけなので当たり前だけど。目玉焼き、パプリカの肉詰め、キャベツの千切り(買ったやつ)で夜ごはん。

 

目玉焼きはお店で出てくるような底がパリッとしてる目玉焼きになります。フッ素加工のフライパンで水入れて焼いたパリッ感ゼロの卵焼きも好きだけど、最近は鉄のフライパンで焼いたパリッとした目玉焼きが好き。これは完全な好みだけど、鉄で焼くとパリッとします。

パプリカの肉詰めは、まとめて作って冷凍していたものなので、焼き直しただけ。キャベツの千切りは、袋から出しただけで、超時短だけどパンだけとかよりよっぽど”作った感”ある夜ごはんの完成。

 

目玉焼きの味付けは万能調味料のクレイジーソルトで。醤油でも、ソースでもないです。そもそも基本は何にもつけずに食べる派。

 

次は何を焼いてみようかなー。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。この記事はここまで。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

ぴえ

京都に住んでる徳島県民。「おっちょこちょい」とよく言われます。大雑把です。細かいことは気にしません。でもガラスのハートかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA