【道具】木屋の鬼毛束子

北欧と日本のモノが好きでインテリアに興味を持ち始めてから、あれよこれよと投資しているわけですが、、、。その色々買った中で「これは本当におすすめ!」というものがたくさんあるので記事にまとめて行くことにしました。

 

今回は、木屋の『鬼毛束子』について。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

束子の使い道

・鉄のフライパンを洗う

・野菜を洗う

 

 

束子を使い始めたきっかけ

私がよく利用するネットショップにscopeというお店がありますが、scopeにはポイントシステムはありません。その代わり、購入金額に合わせて好きな商品を選べるOMK(おまけ)というシステムがあります。私が木屋の束子を使い始めたきっかけはこのOMKでした。

このとき酢ごぼうにハマっていて、スーパーで頻繁に牛蒡を買っていました。牛蒡を洗うには束子で洗うのが1番手っ取り早いと思っているので、100円ショップで買おうと思っていたら、OMKに今までなかった束子を発見し、100円ショップまで行かなくて済むので迷わず選んだ。

 

 

良い物だとは思ってるけど

気付けばOMKの在庫はなくなっていて、その後scopeで新商品として発売されました。そのとき初めて値段を知ったのですが、1番小さな束子でも1,000円超えな値段に超びっくり。始め、100円ショップに買いに行こうと思っていた人なので尚更か。

”鬼毛”という名前だけにしっかりした作りなのは確かで、毎日フライパンをゴシゴシしても数年は使えるんじゃないかと思えるくらいしっかりした鬼毛感は感じられる。

けど、値段で言えば100円ショップの10倍以上。木屋の束子1個使っている間に100円ショップの束子10個以上も買い替えるかな?と正直すごく思う。100円ショップの束子使ったことないから、実際どんなものなのか分からないけど、、

 

 

でも買い足した

ゴボウを洗うためにOMKで貰ったけど、実際は鉄のフライパンを洗う専用になっていました。なのでゴボウは今まで通り手で洗っていましたが、やっぱり野菜を洗う用の束子があったほうがこの先も楽かなと思い小さ目の束子を買うことに決めた。

 

ちなみにOMKで貰ったのは大きいほうの束子。

<楽天リンク>

木屋 / 束子(たわし) 鬼毛 大

 

良いものだと思ってるけど高い』と思ったままですが、鉄のフライパンを洗う専用束子が木屋のもの。今更、野菜洗い専用の束子を100円ショップで買おうという気にはならず、、、木屋の小さい束子を買いました。

<楽天リンク>

木屋 / 束子(たわし) 鬼毛 小

 

 

使い心地

100円ショップの束子を使ったことがないので、比べることは出来ないけど特に不満はない。大きい束子は鉄のフライパンを洗う専用。力いっぱいゴシゴシしてるけど、へたってません。小さいほうは野菜を洗う専用。(主にゴボウ)サイズも手のひらに収まるくらいで使いやすい。

 

 

 

この記事はここまで。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA