【2-7】京都府立植物園(竹とバンブー、クロッカス、まとめ)

今週はなんでか分からんけどほんまに長かった。まぁ、火曜日から土曜日だと思って生活してましたからね、そりゃ・・。

2回目の植物園は『春の花が可愛すぎてテンション上がって撮りすぎた』ので、写真の量が多すぎて、記事の量もどんどん増え(文字数は少ないが)、気づけばパート7。ここまで読んでくれた人、本当にありがとうございますm(__)m

 

写真フォルダに残ってる写真を載せて、最後まとめ。

 

 

スポンサーリンク



 

 

竹とバンブーの違い

そもそも違うものだって知ってました?私は知らなかった。竹を英語にしたらバンブーじゃないの?レベル。

 

この説明を見ると『増え方』が全然違うことが分かる。

 

葉の見た目では、自分はタケを撮ったのか、バンブーを撮ったのか分からないけど。

 

 

クロッカス

タケとバンブーの違いを知ったところで移動する。

 

人だかりがあるなと思って近寄ってみるとクロッカスが綺麗に咲いていました。

 

 

球根植物って可愛い。

 

 

 

またも可愛いからって同じような写真を数枚撮ってしまった。

 

 

2回目の植物園まとめ

初めて植物園に行ったとき、枝が折れた気がたくさんあって(記事はここ)、それから数か月が経ち、その木はこんな風になっていました。

 

この写真の上側。ピンク色の花がボケて入り込んでいますが、この木を撮ったあと、梅を撮るつもりでした。しかし、私は『早春の草花展』でカラフルな春の花にテンションが上がり、充電が満タンではないカメラで写真を撮り続けていた結果、この写真を撮った後電池切れ。

全く写真が撮れなくなってしまい、iPhoneのカメラは進化したとCMでやってるけど、カメラに買てるわけはないのでiPhoneでは写真撮らない。植物園に来てまだ1時間くらいしか経ってないし、こんなにすぐに帰るのは勿体ない!(ここに来るまでバス+地下鉄だから)

なので、このあとは普通にウォーキング。バス+地下鉄で植物園まで来て、使い物にならなくなった重いカメラをバッグに入れたままウォーキング。いい運動になりました。

 

*京都府立植物園

*早春の草花展開催中でした

*入園料は一般200円(温室観覧に入るならセットの400円)、年パスは1,000円

*70歳以上は無料

*京都市営地下鉄「北山駅」が最寄り。植物園への案内が矢印で書いてあるので、超方向音痴の私でも地下鉄を降りて、地上へは普通にたどり着けたので誰でも大丈夫かと。

*植物園内にはカフェもあるので長時間滞在が可能

*でも行くなら自分でサンドイッチとか作ってきたい気分

*竹とバンブーの違いなど、いろんなことが学べる

*次行くとき、カメラの充電は満タンにして行こうと思った

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク



 

 

スポンサーリンク




 

ぴえ

京都に住んでる徳島県民。「おっちょこちょい」とよく言われます。大雑把です。細かいことは気にしません。でもガラスのハートかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA