【宇治2】中村藤吉へ行ってきました!

お供さんとの宇治観光続き。

平等院鳳凰堂へ行ったあとは抹茶スイーツを求めて、インスタで検索したら出てきた『中村藤吉』へ行ってきました。行くまでずっと「なかむら・ふじきち」だと思っていたら、「なかむら・とうきち」だったらしい。京都市にも店舗がいくつかあるようで、ここ宇治市にあるところが本店らしい。平等院からここへ来ても、お供さんとの雰囲気は変わらず、私の写真をちゃんと撮る気はほぼゼロ。

 

日本人だか、中国人だか分からんおばさま4人組。写真撮りたくてちょっと待ってみたけど、地図見てるからか、なかなか動かないのでそのまま写真撮った。京都らしい白と茶色の背景にピンクの洋服が映える。

 

 

スポンサーリンク




 

ちょっと動いたこちらが入口。

 

この暖簾をくぐると、お茶の香りいっぱいで嫌される。右手側にはお土産が売っていて、お菓子や茶葉・冷蔵スイーツなど。1周見て茶葉を買おうと思ったけど、結局買わず。

 

私たちが行ったとき、喫茶の待ち時間は45分。入口にあるメモ用紙に名前を書いて待ちます。ここでもお供さんとはいつもと違う雰囲気が流れ、あまり会話が続かない。そんなこんなで空を見ていると雨雲のような暗い雲が出てきたので車へ傘を撮りに行く。

 

この暖簾の後ろ側を背景に、抹茶ドリンクや、お土産コーナーで売ってる冷蔵スイーツを撮るのがインスタ映えらしい。

 

傘を取ってから戻ってきたので、先ほどとは席が違う。

 

名前が呼ばれてからも店内のレジ前で暫く待ち、ようやく席に着いた。

 

ちなみにだけど、順番待ちのメモ用紙に名前を書くとき、左側の番号を覚えておいたほうがいいと思う。店員さんが「○○番○○さん」と呼んでいたから。あんまり記憶力良くない私ですが、こういうのは覚えようとせずとも覚えていて、物を図としてとらえる右脳活用派なんだなーと思ったのは今記事を書いているとき。

 

運ばれてきたのはほうじ茶。

席に案内され、おすすめメニューなどの説明。ほうじ茶とともに暫くしてからメニューを聞きに来てくれるスタイル。私たちが選んだのは生茶ゼリィと春限定のなんとか(名前忘れた)

 

いつもは料理が運ばれてくるまでの間、お供さんと会話しているのであっという間なのだけど、この日は会話が続かないので、やたらと長く感じる。待っている間、店内を撮ってみる。

ここは座っている席から見上げたところ。吹き抜けの高い天井で気持ちがいい。

 

前に座っているお供さんの後ろの壁はこんな感じ。すごく京都らしい『和』の雰囲気。

 

振り返るとこんな感じ。中村藤吉の店内はテーブル席、片側ソファ席、テラス席がある。私たちが座ったのは奥がソファーになっているソファ席。

 

そして注文した春限定のなんとかが到着。竹の器に入っていて、この竹の器はキンキンに冷えていて持つ手が冷える。さくらのクリームと抹茶の粉。中には白玉や栗、あんこ、抹茶アイス、生茶ゼリィが入っていて『本当のお茶』の味がする。上のクリームは甘いけど、下にある生茶ゼリィや抹茶アイスに甘さはほぼなく、大人のほろ苦い感じ。それがすごーく美味しい。新鮮な固めのいちごも入っていた。これが『春限定』なのだろうか。

 

上からも撮ってみる。

いつもは2人でシェアしながら食べるのだけど、この日は生憎な雰囲気で、、、。スプーンを渡しても「後から来るしいいよ」と言われる始末(笑) 結果、1人でこれを食べ進めていたのだけど3分の1くらい食べた時点でクリームで胃もたれ気味。そうこうしていて、もう1つの生茶ゼリィが到着。

 

いつもは「撮る?」と言ってくれるが、この日は言ってくれない。が、撮る(笑)

春限定のなんとかで完全に胃もたれ気味になったので、竹の器ごとお供さんのトレーに乗せる。そうしたら、お供さんもこの生茶ゼリィをシェアしてくれて、ようやくいつもの感じでシェアして食べることが出来た。私は春限定のなんとかでお腹いっぱい(しつこい)なんだけど、この生茶ゼリィは爽やかで食べれる。胃もたれもちょっとましになった気が。

お供さんは「いいよ」と言って、春限定のさくらクリームの部分を食べてないので、春限定のほうが美味しいと言っていたが、私はクリームで胸焼けしそうだったので明らかに生茶ゼリィのほうが美味しい。けど、胃もたれ・胸焼けのおかげで3分の1くらいしか食べれなかった。

 

頼んだ2つをさらっとまとめると、

*春限定の何とかはケーキのような甘さがある(クリームに)

*生茶ゼリィは爽やか

2人で来たならこの2つを頼んで、春限定のあとに生茶ゼリィを食べると一層爽やか。片方だけを食べるより、シェアして食べた方がどっちも美味しいまま終われる気がする。ちなみに値段は2人で2,300円。お供さんがご馳走してくれた。ありがとう。

 

終わり。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

ぴえ

京都に住んでる徳島県民。「おっちょこちょい」とよく言われます。大雑把です。細かいことは気にしません。でもガラスのハートかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA