【3】さらさ西陣(食事編)

外食

私はあんまり外食しない人。
そんな私が行った、京都のお店を紹介します。

 

今回は・・
ぼくは明日、昨日のきみとデートするのロケ地、さらさ西陣へ行ってきましたので、記事にしたいと思います。が、現在私は『ぼく明日』にハマり中で、ウキウキで店内の写真を撮りまくったので、写真が大量!!
なので、記事は3つに分けたいと思います。

 

店内編①を読んでなくて興味ありましたら、こちら→クリック
店内編②はこちら→クリック

 

 

スポンサーリンク




 

 

やっと、さらさ西陣のごはんについて。

 

テーブルの前のほう、オレンジのノートがドリンクやケーキのメニュー。

ごはんのメニューはA4用紙に4種類書いてあって、その中から選びました。その紙は写真に写ってないけど、どこいったんだろう。記憶にない。とりあえず、ランチメニューは4種類。全部1,000円だったのだけ覚えてる。

 

 

牛しぐれ丼(1,000円)

 

これは定番メニューなのか?
A4用紙の下のほうに小さく書かれていた。
「これが食べたい!!」というか
「これしかなかった」という感じ。
消去法で選んだ。

 

牛よりゴボウが多く、”牛しぐれ”部分は少な目で白いごはんがよく見える。上にはねぎと紅ショウガ、温泉卵、白ごま。正直なところ、家で作ったらもっと美味しく出来る気がする。まぁ、美味しかったけど。

 

サラダは・・・・どんな味だっけ。ドレッシングは”酢味噌”っぽい味だった気がする。野菜はレタスと人参。上の丸いのなんだっけ、記憶にない。

 

 

オムレツサンド(1,000円)

 

これも定番メニュー?
A4用紙に小さく書かれていた。

サワークリームっぽい、ちょっと酸味のあるサラダとオムレツをサンドしたパン、サラダ、卵スープ、ポテトのセット。

サラダのドレッシングは牛しぐれとは違って、「牛しぐれのほうが美味しい」って会話はあったけど、味は記憶にない。ポテトは冷めていて、作り置き感がすごい。卵スープは熱々で、肌寒い店内では染みた。メインのオムレツサンドは美味しかったけど、家で作ったらもっと美味しく作れる気がする。

 

食後はセットの珈琲。味はブラック派のお供さんと私がミルクを入れるほど濃かった。朝とか昼過ぎには目が冴えていいんじゃないかな。ちなみに、牛しぐれ丼には付いてない。

 

 

写真が余ったので、番外編

 

①ここの窓から見える席が「ぼく明日」で使われていたところ。

 

 

②行ったのが1月6日(土)だったので、門松がありました。門松でお店の雰囲気が更に増したと思う。

やっぱランチメニュー4つしかないよね。(入口のガラスに書いてる)

 

 

 

③コインパーキングからさらさ西陣まで歩く途中、カメラ女子がカメラを向けていた家。何を撮っていたんだろうか。

 

 

まとめ

 

①さらさ西陣があるのは京都の北区・紫野(むらさきの)
②一眼で写真撮っても違和感ないお店
③「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」ロケ地
④「綾瀬はるかのカレンダー」撮影場所
⑤近くにコインパーキングあり
⑥さらさ西陣周辺はカメラを持った人がいっぱい
⑦雰囲気◎
➇味は普通

 

 

 

最後に・・・
お供さんが撮ってくれました。

モロッコに旅行に来ているみたい。
来ているのはユニクロで買ったメンズのシームレスダウンパーカー。かなり暖かいです!(記事はこちら→クリック

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はここまで。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメント