しもやけに効く!カイロの貼り方

正直、この記事需要あるのかな?って感じなんですが・・
しもやけ関連記事として、
私の酷すぎたしもやけが治ったカイロの貼り方も記事にしておこうと思います。
(ほんま需要あるんかな、これ・・)

 

スポンサーリンク



 

 

私が使ったカイロは2つ

 

桐灰カイロ(くつ下用)
足の冷えない不思議な足もとカイロ
上からはるつま先

 

桐灰カイロ(くつ下用)
足の冷えない不思議な足もとカイロ
はるつま先

 

最初どちらもドラッグストアで5足入りを買ったんですが、1日貼っただけで効果が目に見えたので、すぐにAmazonで箱買い。買ったのは一般的な下から貼るタイプ。いろんな貼り方をして、こちらのほうが良いと思えた。

 

箱買いして気づいたけど、裏面には断熱シートが使われていて、下からの冷えも防げる仕様になっているっぽい。

 

スポンサーリンク




 

 

 

カイロの貼り方①
–足の甲に1枚–

 

”上から貼るカイロ”を1枚使用

このときは足の指の付け根から下の腫れが酷すぎたので、「とりあえず患部に上から貼ってみた」という感じ。この貼り方の翌日、酷いしもやけが改善した。

 

えーっと、
皆さま気になっていると思うので
先に言っておきますが、
この先出てくる絵は全部このクオリティ。
私は絵心皆無。
表現の仕方も皆無。足の甲を「足の表」って・・

 

さてさて、1日貼っただけでどうなったか?

 

<酷かった日>

<カイロ貼った翌日>

全然違う!腫れも痛さも赤さも半減!!
これは期待できますね。

 

 

カイロの貼り方②
–足の表と裏に1枚ずつ–

 

”上から貼るカイロ”と”一般的な下から貼るカイロ”を1枚ずつ使用

上から1枚貼っただけでも、温かいけど、土踏まずあたりがすぅーすぅーしてました。なので次の日は上からと土踏まずらへんに貼ってみた。これはかなり温かいけど、土踏まずに貼ったカイロの寿命が短い気がする。
もちろん仕事中の8時間は普通に持つけど、家に帰って暫くせん間に硬くなっていました。ま、出勤から帰宅まで温かいし、別に問題ないんだけど。

 

 

カイロの貼り方③
–足の裏に2枚–

 

”一般的な下から貼るカイロ”を2枚使用

これはなんとなく。つま先と土踏まずに1枚ずつ貼ってみた。予想通りの温かさ。この日は1日中冷え知らず。でも、「カイロもったいないよなー」とも思った。

 

カイロの貼り方④

–足の裏に1枚–

 

”一般的なつま先に貼るカイロ”を1枚使用

足の裏に2枚使ったら、これ以上言うことないくらい温かいんだけど、「やっぱりカイロもったいないー」って思ったので1枚にしてみた。2枚が1枚に減っても普通に温かい。

 

 

まとめ
①から④でどれが1番効果あると思ったか。

順位をつけるとしたら・・

1位:足の裏に1枚使用
2位:土踏まずあたりと足の甲に1枚ずつ
3位:足の裏に2枚
4位:足の甲に1枚

という順番で、温かかった。

なので、Amazonで箱買いしたのは”一般的な下から貼るカイロだけ”だったというわけ。
やっぱり昔ながらの〇〇って良いんだなと思った。

色んな貼り方を試したけど、今は足の裏に1枚しか貼っていません。
やっぱ2枚使うのってもったいないし、しもやけが酷すぎる現状を今はもう超えたから。
これからは”予防目的”でカイロを使おうと思っている。

 

色々書いたけど、しもやけに1番効くカイロの貼り方は、患部の上に貼ること。
足の甲側が酷ければ上からカイロ。
足の裏側が腫れていたら、下からカイロ。
山を越えれば下からカイロ1枚貼るだけで予防もOK、これです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はここまで。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




 

ぴえ

京都に住んでる徳島県民。「おっちょこちょい」とよく言われます。大雑把です。細かいことは気にしません。でもガラスのハートかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA