人参とわかめの酢の物

わたし、保存食的なもの作るの大好きなんです。
料理なんかほぼしないけど、長期保存出来るようなものはよく作る。
でも長期保存出来るものなので、次作るときには毎回レシピ忘れた状態。
そんな状態を次からは回避したいな、、と。
というわけで、自分の備忘録として記事にしたいと思います。

 

今回は、美味しすぎてあっという間に食べてしまった人参とわかめの酢の物のレシピ

 

これが一人暮らしの私のおせち料理てきな。
そもそも「おせちって何?」って感じなんだけど。1人だったらお正月とか新年とかどうでもいいとか文句言いましたが、なんやかんやでお正月っぽくしてみてる。。。(そのときの記事はこちら・・を→クリック

 

 

スポンサーリンク



 

 

見た目も美味しい!酢の物の材料

 

人参1本
わかめ大さじ1
ちりめん大さじ1
米酢大さじ2、砂糖小さじ2と覚えておけばOK

 

徳島ではあんま見たことなかったんだけど、京都ではよく見かける金時人参がおすすめ。
色が濃くて出来上がったときの「うわー」が倍増する。

 

 

超簡単!
作り方は皮をむいて混ぜるだけ。

 

①人参の皮をむく

丁寧なレシピは「人参を千切り」って書いてるけど、そんなん面倒臭い!ってことで、むいちゃいます。ピーラーで皮のままサーっとむくだけ。

 

このくらいまで。この残りはみそ汁でもカレーでもなんでも使ってください。

 

 

②わかめ、ちりめん、すりごまを入れる

わかめは乾燥わかめを使っているので、水で戻す。しっかり水気を切る。ぎゅって絞る!
ちりめんは冷凍庫にあったもの。
すりごまは・・・材料になかったけど、入れたほうが美味しいかなって思って入れてみた。(こんな感じで適当でいいのですよー)

 

 

③お酢大さじ4、砂糖小さじ4

「こうやって覚えておけばOK」の倍量にした。

 

 

④混ぜる

 

 

⑤完成

特記すべきことは何もないまま完成。

 

 

まとめ

超簡単で、色鮮やかでほんまに美味しい酢の物。
私的にはお酢大さじ5か6でもいい。出身地の問題なのか、私は酸味に強い人みたい。周りと話してるとすごくそう思う。

 

①人参の千切りは面倒だからピーラーでむく
②金時人参が出来上がったときの「うわー」が倍増
③すりごまは入れたほうが美味しいと思う
④作り方は、人参むいて混ぜるだけ

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事はここまで。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA