organic sheep / シープスキン / 0069

日々の暮らしでおすすめなものを紹介していきたい。
自分の中で「これ!」というおすすめなもの全集を作りたい。
そんな考えから生まれたこのブログ。

 

今回は、scopeで買った『organic sheep(オーガニック シープ)』について。

 

scopeでの商品名は『organic sheep / シープスキン』

 

スポンサーリンク



 

 

シープスキンとは?

 

scopeで取り扱いしてるシープスキンはポーランド製。オーガニックシープというブランドのもので、今まで廃棄されていた食用ヒツジの毛皮を使って出来ています。これは食用羊の副産物。生きたまま作られた毛皮はさすがに買えない。『シープスキン=羊の毛皮』よく耳にするムートンも羊の毛皮のこと。ムートンはフランス語で、シープスキンは英語(らしい)

 

 

シープスキンの種類は?

 

毛の長さはロングとショートの2種類。カットした毛は「また別のものに使えるから」という理由で、同じ値段で販売されています。色はホワイト、グレー、ブラウン(ラテ)、スポッテドの4種類。グレーとブラウンは染色加工しているらしい。だから値段はちょっと高め。スポッテドはダルメシアンみたいなブチがあったり、グレーっぽかったり、まっ黒だったり。。「これホワイトちゃうの?」みたいなのがあったり、種類はよく分からんけど1番個性豊かなもの。

私が選んだショートのスポッテド。 18,000円(税抜き)
ショートヘアのシープスキンの毛の長さはこのくらい。もっふもふ!

 

 

scopeといえば、個別販売!

 

シープスキンは本物の羊の毛皮なので、個体によって差が大きいです。それは色も違うし、形も違うし、サイズも重さも、それぞれちょっとずつ違います。scopeは1つずつ撮影して、個別販売しているので、自分が気に入ったものを選ぶことが出来る。そんな有難いお店。(scope大好き)

私が選んだのは『0069』というもの。

 

 

私が選んだシープスキン
—–No.0069—–

 

個別販売しているものを「これがいい!」って選んで、届いてからの愛着がやばい。特記事項も気にならない!めっちゃ気に入ってる。

 

これを選んだ理由は?

個別販売のページを見ているとき、これが実家にあった鹿の毛皮にすごく似てて目に着いた。ただそれだけ。PC画面上で見ていたのと届いたものが全く同じって、良いです。ほんまに良い。「思っていたのと違った」なんてことがないから。

 

特記事項・・

「製造途中についたと思われる機会のあとが付いています」って書いてたけど、気にならない。裏面見ることなんてないし、毛の感じがこれ以上気に入る物がなかったし。何よりこれが良かったし。

 

スポンサーリンク




 

 

ベンチに敷いて使う

 

 

もともとベンチにはクッション2つと、シートクッションが2つ。夏は全然気にならないけど、冬はシートクッションとシートクッションの間のベンチに触れてしまったら、ひやーりと冷たさが伝わってきます。そのヒヤリハット解消にシープスキン届いたら絶対ベンチに敷こうと決めていました。床やベッドサイドに置いてもお洒落だけど。2つ目買うことがあれば、次はそうしたい(願望)

 

 

ベンチにシープスキンを敷いて、その上にシートクッションとクッション2個ずつ。温かくなったし、ラグジュアリーな冬仕様になった。これでシートクッションとシートクッションの間に触れも大丈夫。

 

 

シートクッションは2つとも無印良品のもので、結構前のやつだから、今は仕様が変ってると思う。クッションカバーはscopeの”ウミウチワ”という柄のファブリックを買って、友達に作ってもらったもの。テーブルクロスはscopeの2017年クリスマスの”fabric of the day KIRO”テーブルクロスについては、近々記事にしたいと思っているけど・・

 

定期的に馬毛ブラシでブラッシングしながら、大事に使っていきたいと思います。

 

 

まとめ

 

①シープスキン=羊の毛皮
②シープスキンはほかの毛皮と違って、冬のヒヤリハットを防げるほか、ほぼオールシーズン使える(らしい)
③scopeの個別販売はすごく愛着が沸く
④定期的なブラッシングは必須。馬毛ブラシで。
⑤スポッテドは個性豊か。
⑥もう1つ欲しいという願望があり、次はダルメシアンみたいなブチのがいいなと思っている。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はここまで。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク




ぴえ

京都に住んでる徳島県民。「おっちょこちょい」とよく言われます。大雑把です。細かいことは気にしません。でもガラスのハートかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA