キルフェボン京都のタルト

すっかり春の陽気。

こんな日はこんな記事がぴったりなんじゃないか。

 

さて、今日はもうすぐ1か月経過する出来事、『キルフェボン京都でタルトを買って食べました』の記事。『キルフェボン』はフランス語で『なんて良い陽気なんだろう!』という意味なんだそうです。(キルフェボンのHPに書いてた)

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

キルフェボン京都店

キルフェボンは全国に店舗があり、有名なのか、昔、タルトにハマっていた時期があるのでそのときに調べたのかは分からないけど、徳島に店舗はないが徳島県民の私でも名前は知っていた。

キルフェボン京都店は木屋町(きやまち)通りの三条辺り。店内はイートインスペースがあり、私たちが行ったのは平日18時半頃で、2組が店内で夜カフェタイムを楽しんでいた。私たちは最初からテイクアウトするつもりだったけど、キルフェボンの店内ではなんか食べたくない。写真はないが、席同士が近すぎて隣の会話は完全に聞こえるだろうなという感じ。これは全国どこの店舗でも一緒なのか、関東に住んでいる人が「席が近いから店内で食べるのは億劫」だと言っていた。

 

 

 

Happy Birthday!

2月生まれと相性がいいのか、私の周りに2月生まれが多く、色々と出費多すぎな2月が終わり、ちょっと安心。今は、「やっと3月。春が来る。さぁ貯金頑張ろう!!」と、頭の中ではこう思ってる。『誕生日のお祝い』は、一緒にごはん食べに行ったり、ケーキを買って家で食べたり、欲しいもの聞いてプレゼントしたり、と、そんな感じ。

 

 

キルフェボンでタルトをテイクアウトして家で食べたのは、2月生まれのお供さんのお祝いを兼ねて。お祝いと言っても、ブログに書いてるだけで、ただタルトを食べただけなんだけど。(お供さんとは?が解決する記事はこちら→クリック

お供さんに「一緒にケーキ食べよう!」「どんなケーキが好き?」って聞いたら「タルトが好き」「キルフェボン行ってみたいなー」なんて言うもんだから、私もなんとなく名前だけは知ってたキルフェボンのタルトで即決定。仕事が終わって、すぐにキルフェボンへ向かい、私の家で夜カフェタイム。

 

 

 

イチゴのタルト

お供さんセレクト

595円

 

 

と、ここまで会社のお昼休みに記事を書いて・・・。お昼休みが終わったので、このサイトのデータが入ったフラッシュメモリを抜き、とりあえず会社のデスクの引き出しに入れる。で、なんと、そのまま定時で帰宅するという最悪の失態をおかし、それを気付いたのが金曜日の夜、お風呂に入っているとき。土曜日出勤の人もいるので、一気に血の気が引き、どうしようかと思いましたけど、もうやってしまったことはどうしようもないので、1日置いての本日、心は平常に戻り(という問題じゃないけど)、普通に記事の続きを書いています。見られたかもしれないが、まぁ、しょうがない。完全にこのサイトの存在がばれたかもしれなが、しょうがない。そう思っています。(だからそんな問題じゃ・・)

 

さて、お供さんが選んだイチゴのタルトは期間限定ではなく常連のタルト。先端に乗っている『緑の物体』はなんだったかなー。全く記憶がない。味は普通に『イチゴのタルト』って感じ。まぁ、美味しいけど、1回食べたらもういい。

 

 

 

ブルターニュ産”ル ガールクリームチーズ”のタルト

私のセレクト

534円

 

チーズ大好きな私はクリームチーズという文字を見て即決。お供さんに「シンプルなやつ選んだな」と言われた。うん、確かに。私は女子が好きそうな『キラキラしたフルーツたっぷりのタルト』はあんまり好きじゃないかもしれない。

クリームチーズタルトの味は濃厚ではなく、薄目。美味しいけど、これも1回食べたらもういい。美味しいけど。

 

 

 

まとめ

①キルフェボン京都は木屋町通りの三条あたり

②近くのコインパーキングあり

③店内はイートインOKだけど、席同士が近すぎ。そういうのあんまり気にしなければいいんじゃないかと。

④ショーケースの中からタルトを選んでいる間中、店員さんがついてくる(笑)

⑤個人的に、キルフェボンのタルトはコスパあんまり良くないような・・

⑥京都の美味しいタルト屋さんを他に探したい

 

美味しいんだけどね~、リピはない。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。この記事はここまで。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

2件のコメント

  1. はじめまして、Grayと申します。近くに美味しいパン屋さんがないかなぁと検索してたら、ブーランジェリー山崎へと導かれ、そしてぴえさんの日記へと辿り着いた次第です。
    キルフェのタルト、前から気になっていましたが、お店の雰囲気が若い女の子向きなので店内に入る勇気が出ませんでした。
    でも先程気付いたんですが、ぴえさんすごく上手に写真を撮られますね。被写体以外の映り込んだ小物も良い雰囲気をかもし出してます。こんな風に私も撮りたいです。
    タルトといえば気になっているお店がひとつあります。上桂駅近くのパティスリー小鳥屋さんのフルーツタルトです。食べたことがないので今週末に一度行ってみようと思います。ついでと言ってなんですが、ブーランジェリー山崎さんへも行く予定です。
    仕事の合間を見計らって、またぴえさんの日記を拝見させていただきます。ひとつ楽しみが増えました。京都をさらにエンジョイしてください。

    1. Grayさん、初めまして。なんとこのブログ初コメント!
      しかもめっちゃ嬉しいコメントをありがとうございます。写真も褒めて頂いて嬉しい。

      上桂方面は全く行ったことがなく、『上桂』という地名を知っているレベルでイマイチ場所もピンとこない・・
      京都に住んで2年過ぎたとこで、まだまだ知らない所がいっぱいなので、これから色々新規開拓していくところです。
      が、すごく出不精なのでいつになるのか分かりませんが^^;

      いつか(今年中には)パティスリー小鳥屋さんへ行ってみようと思います。
      そのときは記事にしますので、思い出したら見てください(笑)

      結構自分本意と言いますか、、お世辞とかだっ嫌いな性格なもので、
      ズバズバ感想書くこんな記事を楽しみのひとつにして頂いてるなんて・・っと今日1番嬉しい出来事でした。(まだお昼)
      本当に嬉しいコメントをありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA