【2018年梅仕事】梅黒酢サワーの作り方

去年の倍量作ろうと決めていたもののひとつがこの黒酢サワー。お酢が好きでひとり暮らしなのに1年で900mlのお酢を2本消費していて、プラスこの梅仕事に使う1本という感じ。私の家には、お酢だけは種類豊富。梅酢とか、すだち酢とか、米酢とか。

話は戻って、これは来年もやるので備忘録として書いておく。ノートに書き留めていた分量が間違っていたので、量った分量全部が入らず、途中で梅と氷砂糖の量を減らすという超面倒なことがありました。それも併せて書いておく。

 

(梅黒酢サワー)

 

 

スポンサーリンク




 

 

ノートに書き留めていたレシピ

・青梅1㎏

・氷砂糖600g

・臨醐山黒酢1,000ml

・セラーメイト2リットル瓶

 

 

梅黒酢サワーの作り方 + 超面倒なアクシデント

炭酸で割って飲むのが本当に美味しい黒酢サワー。今年は去年の倍量作ります。

ノートに書き留めていたレシピを元に、大体で青梅と氷砂糖を量って瓶に詰めました。頭の中の計算ではセラーメイト2リットル瓶に全部入る予定だったのですが、全然入らない。そんなアクシデントがありましたがなんとか完成した。

 

(青梅989g)

黒酢サワーの梅は本当に美味しいので捨てずに食べる。1㎏を目安にしていたので989gにしてみる。

 

(氷砂糖596g)

600gを目安に596gにした。このあと瓶に詰めたのだが、梅が全部入らないし氷砂糖も入らない。頑張って押し込もうとしたけど、梅が潰れそうだし黒酢が入らんわと思って面倒だけど梅と氷砂糖を減らすことに。

 

(氷砂糖マイナス115g)

 

(青梅マイナス98g)

こういうの本当に面倒臭い、、。砂糖がついた青梅の行き先と梅に触れた氷砂糖の行き先どうしよ、、。

 

(黒酢900ml)

黒酢も1,000ml入れるところだったけど900mlにした。

 

(臨醐山黒酢サワーの完成)

 

そんなこんなでようやく完成。黒酢は3か月くらいから飲めるようになる。それまでは常温で放置しておくけど、1度開けたら冷蔵庫で保存する。そのとき梅と黒酢は別にしたほうが保存きくそうです。その取り出した梅、、本当に美味しいので早く食べたい。

 

 

まとめ

・臨醐山黒酢で作ると美味しい

・青梅891g

・氷砂糖481g

・黒酢900ml

・3か月~飲めるようになる

・それまでは常温保存

・1度開けたら梅と黒酢を別にして冷蔵庫で保存する

・取り出した梅は美味しいので捨てずに食べる

・上側の黒酢に浸かっていない梅にも黒酢がかかるように、ときどき回しかける

・あと100gずつ全体的に減らしたほうがいい

 

 

 

この記事はここまで。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA