【2018年梅仕事】仕込んだ梅酒と梅サワーのその後

【梅仕事】についての記事が続きすぎてもう何を冒頭に書いて良いのか不明・・。とりあえずこの記事は「今年はたくさん仕込んだので、ひとつの記事にまとめておきたい」と思ったから書いています。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

◇梅酒と梅サワー

お酒弱いのに梅酒を4種類も仕込んで、正直これはやりすぎたなと思ってる。梅サワーは去年の倍仕込んだけど、去年は早々に飲んでしまったのでやりすぎたとは思ってない。お酢好きなので今年中に飲んでしまいそう。足りなかったら来年はもうちょっと量増やしたいけど、瓶がない。(もう買い足したくない)

 

【1】マイヤーズラム梅酒(青梅402g、氷砂糖240g、ラム酒459g)

【2】バカルディホワイトラム梅酒(青梅399g、氷砂糖251g、ラム酒455g)

【3】バカルディブラックラム梅酒(青梅402g、氷砂糖254g、ラム酒450g)

【4】スコッチウイスキー梅酒(青梅263g、氷砂糖148g、ウイスキー347g)

【5】黒酢梅サワー(青梅891g、氷砂糖481g、黒酢1,000ml)

 

全部どんな味になっているか気になって、飲んでみるのが楽しみ。飲めるようになるまでは去年仕込んだ梅ラム酒と普通の梅酒を飲んどく。

 

 

漬けて22日目の梅ラム酒

上に出ている梅に酒がかかるよう気にかけていたのは最初の3日間くらいで、それ以降ずっと完全放置なので久しぶりにどうなっているか見てみた。

 

(梅ラム酒3種類)

 

(マイヤーズ・バカルディホワイト・バカルディブラック)

まだ氷砂糖は完全に溶けきっておらず、底に欠片が溜まってるのが見える。テーブルに瓶を置いたまま左右に回転さすと、溶けた氷砂糖が浮いた梅の下あたりで動くのが見える。梅がしわしわにしぼんだ頃か、半年以上経った頃また写真撮って記事にしたい。

 

 

漬けて22日目の梅ウイスキー

今回、初めてやったので経過が気になる。

 

 

氷砂糖は完全に溶けきっていて底に欠片は見えない。ウイスキーはラム酒より進行が早いということが分かった。どんな味になっているのか本当に楽しみ。

 

 

漬けて22日目の梅黒酢サワー

これが一番早く飲みたい。去年やったので分かってるけど、黒酢の進行は早いです。

 

 

 

3か月後から飲めるそうなので、9月になったら飲もうと思う。取り出した梅も本当に美味しいので絶対捨てずに食べる。で、数日のうちになくなる。

 

 

ワケあり梅はどうだったか。

梅仕事の記事が長くなりすぎて忘れてしまいそうですが、今年はワケあり梅を買いました。(去年は普通の綺麗な南高梅を3kg、今年はワケあり梅を5kg)ワケありをネットで買うのは不安だったけど、届いた梅は全然大丈夫で綺麗な梅。使えなかった梅は5kg中、2個のみ。

 

この2個は梅が黒くなっていたので、使うのをやめた。ワケあり梅にクオリティを求めてはいかんけど、私が2年間買ったお店は大丈夫だと思うのでリンクを貼っておく。どっかの記事にも貼った気がするけど、、。

 

<楽天リンク>

 

(取ったヘタと使えなかった梅)

 

 

予備で追加した梅の行く先は・・

ワケあり梅だから使えない梅がたくさん入っているかも?と思って、予備で1kg分多く注文しました。が、使えない梅はたったの2個のみ。余った梅を量ってみると725g。ほかに使い道ないし(まず容器がない)梅は冷凍出来るそうなので、とりあえず冷凍庫に入れました。

 

(余った梅725g)

 

洗って、水気を拭いて、ヘタも取った処理済みの梅725g。あと1週間で1か月経つけど、まだ冷凍庫に入っています。『冷凍梅は氷砂糖で梅シロップするといい』らしいので、梅シロップをやってみたんだけど、瓶がないのでそのまま放置。とりえあず黒酢サワーの瓶が空くまで、このまま冷凍庫に入れておく。

 

 

まとめ

・梅仕事の記事が長くなりすぎてもう書くことがない

・次の更新は梅干しを干したあとと、梅サワーが飲めるようになった頃

・来年もワケあり梅を買う事にした

 

ちなみに・・

(氷砂糖)

氷砂糖はこれだけ余った。塩は丸々一袋余ったので買う必要なかった。ホワイトリカーは去年のを使ったけどまた余ったので来年も使う。ワケあり梅の予備は買う必要なし。以上、梅仕事の記事は一旦ここで終了します。

 

 

 

この記事はここまで。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA